痒みや炎症などの症状|痒みに苦しむ犬たちへ/フィプロフォートプラスでノミ・ダニ駆除

机の上の薬

痒みや炎症などの症状

手のひらの薬

室内で飼われている犬であっても、毎日決まった時間に散歩へ行きます。
猫の場合は完全に室内で飼い続けることもできますが、犬はこうして外へ出る機会があるのです。
散歩のルートは人によって違いますが、公園などに寄る人も多いのではないでしょうか。
そのとき、芝生や草木に潜んでいたノミ・ダニが体に付着し、そのまま家に持ち帰ってしまうというケースも少なくありません。
もちろん冒頭でも言ったように、ノミ・ダニは室内でも発生しますので、どちらにしても安心はできないのです。

ノミやダニが体に付着することで、どんな問題が起こるのでしょうか。
最も有名なのは痒みですよね。
ノミやダニは吸血生物であり、寄生した動物から血を吸います。
その部分が次第に痒くなってしまうのですが、ペットたちからするとこれだけでも大きな問題です。
いつまで経っても消えない痒みにストレスを感じるほか、鎮めようと掻きむしることで皮膚を傷つけてしまうのです。
そこから雑菌が入ってしまうと、化膿するなど他の症状につながる危険があります。
また、皮膚の炎症や、血を吸われたことによって貧血や栄養失調を引き起こす可能性もあります。
愛犬が体を頻りに掻きむしっていたり、体をこすりつけるように床でゴロゴロしていたら、もしかするとすでにノミ・ダニに寄生されているのかもしれません。

体に付着しているノミやダニを完璧に駆除するためには、治療薬に頼るのが一番です。
フィプロフォートプラスもそのための治療薬で、投与すれば瞬く間にノミ・ダニをはじめとした外部寄生虫たちを駆除してくれます。
いつ寄生されてもすぐ対処できるよう、フィプロフォートプラスの購入は早めに済ませておきましょう。